就業規則 作成【社会保険労務士 大阪 西区 福島区】坂口事務所

就業規則と助成金専門(大阪府社会保険労務士会00005721)TEL:06-6443-8188
小さな会社の就業規則と助成金の活用を支援。


【メニュー】

就業規則
就業規則の基本事項
意見書の作成と届出

就業規則の記載事項
パートタイマー就業規則
就業規則の内容
全国対応就業規則変更サポート
就業規則とその関連書類
就業規則のモデル

顧問契約
顧問契約







お客様の声

TOPページへ


 はじめまして、大阪市西区の社会保険労務士、坂口雅俊と申します。お困りのことや、とりあえず聞いてみたいことなど今すぐご連絡下さい
助成金、労務相談はこちら無料)→お問い合わせメールフォーム


             就業規則作成

失敗しない就業規則作成法
  1. 労働基準法では、アルバイトを含め常時10人以上の従業員を
    使用する事業場は、就業規則を作成し、労働基準監督署へ届け出る
    ことが義務付けられています。
  2. 就業規則の内容は、法令または、労働協約に反することはできません。
    就業規則は経営者が作成することができます。
  3. 就業規則は、全ての従業員に適用される必要があります。
    (パート、アルバイトも含みます)
  4. 就業規則は、従業員と事業主の双方に法的拘束力を発生します。
  5. 就業規則作成において大切なことは、解雇問題、サービス残業対策、
    経営者の考えた賃金制度に対応できることです。賃金規則の作成に
    おいては、労働基準法を考慮したものが必要です。
  6. 就業規則、賃金規則、育児介護休業規則、退職金規則を1つに
    できない場合はそれぞれ別規則と作成してもかまいせん。
  7. 就業規則を作成したら、労働者代表の意見書を添えて、所轄労働
    基準監督署に届け出ます。
  8. 労働法は改正が頻繁に行われています。およそ3年以上前に作成された就業規則は、現在の法令に対応していない可能性があります。
    改正部分は、就業規則を「変更」し届出てください。
  9. 雇用形態の多様化(正社員・契約社員・派遣社員・パート・
    アルバイト等)が進み、労使関係において事業所様が思わぬリスク
    を負うケースが増加しています。
  10. 長時間労働・サービス残業・労働契約・労使紛争に対応できる規則
    が必要です。

就業規則作成の依頼

就業規則の作成
*労働時間管理・残業代対策を含みます。(労基署是正勧告対応)
*作成内容(就業規則・賃金規則・退職金規則・育児介護休業規則)
料金:200,000円
作成の手順

ヒアリングと運用管理のコンサルティングは合計3日で、1回につき80分になります。

1

業務の開始前に契約書を作成します。着手金として料金の50%
をお支払い願います。

2

労務リスクの抽出と評価を行い、本則と賃金規則について
ヒアリングを行います。

3

本則と賃金規則の原案を作成し、運用管理手法を説明します。
変更箇所、疑問点のチェックを行います。退職金規則と育児介護
休業規則についてヒアリングを行います。

4

本則と賃金規則の確認を行います。退職金規則と育児介護休業
規則の原案を作成し、運用管理手法を説明します。変更箇所、
疑問点のチェックを行います。

5

就業規則と各規則の作成完了後に再度、変更箇所、疑問点の
チェックを行います。変更等がなければ、当方で労働基準監督署
へ届け出ます。

6

業務完了後に、料金の50%をお支払い願います。



電話でのお申し込みは:06−6443−8188
社会保険労務士 坂口雅俊まで申しつけ下さい。

TOPページへ



TEL:06-6443-8188 大阪市西区江戸堀1-24-15ライフエイト肥後橋ビル801
坂口社労士事務所 
Copyright© 2005 Masatosi Sakaguchi All Rights Reserved.