法定労働時間【社会保険労務士 大阪 西区 福島区】坂口事務所

就業規則と助成金専門(大阪府社会保険労務士会00005721)TEL:06-6443-8188
小さな会社の就業規則と助成金の活用を支援。


【メニュー】


顧問契約
顧問契約






お客様の声

TOPページへ


■労働契約時の諸法令を見落としたために、労使トラブルに発展する事案が増加
しています。坂口事務所では事業主様のサポートとして労働契約書・就業規則・解雇問題にご対応いたします。

■解雇問題等は、争いに発展すればするほど事業主様への金銭・時間的負担そして精神的な負担が大きくなります。初回相談は無料です。発展する前にご連絡ください。

п@06-6443-8188 担当社会保険労務士  坂口雅俊まで


法定労働時間とは

労基法32条⇒使用者は労働者に休憩時間を除き1週間について40時間を越えてまた1週間の各日については1日8時間をこえて労働させてはならないとあり、この時間のことを法定労働時間といいます。

ただし常時10人未満の労働者を使用する、商業、映画演劇業、保健衛生業、接客娯楽業の事業は、1週44時間まで認められます。(特例措置)
*常時10人未満の労働者とは、企業全体の規模という意味ではなく、工場、支店、営業所等の個々の事業場ごとの規模をいいます。

労働時間

 労働時間とは、使用者の指揮監督下にある時間をいい、必ずしも実作業時間に限らず手待ち時間や準備・整理時間も含まれます。

拘束時間

 労働者が会社の敷地内に入ったときから、会社の外へ出るまでの時間を言います。
拘束時間から敷地に入ってから始業までの時間、終業から会社を出るまでの時間および休憩時間を引いた時間が労働時間となります。

所定労働時間

 使用者は、始業・終業時刻および休憩時刻について就業規則に規定をさだめなければなりません。その定めた労働時間の長さを所定労働時間といいます。
所定労働時間を超え、法定労働時間の枠内で行われる法定内超勤は、割増賃金の支払いは不要となります。

手待ち時間

 業務が発生したら対応できるように待機している時間(手待ち時間)は労働時間に含まれます。

労働時間=拘束時間−(社内自由時間+休憩時間)

TOPページへ









TEL:06−6443−8188 大阪市西区江戸堀1-24-15ライフエイト肥後橋ビル801
坂口社労士事務所 
Copyright© 2005 Masatosi Sakaguchi All Rights Reserved.